お肌にやさしい洗い方

  1. 手の汚れを落としてください。※泡立ちに影響します。
  2. 泡立てネットにぬるめのお湯をなじませた状態に、石鹸を10往復程※こすりつけ、きめ細かな泡をしっかり作ってください。ネットの泡を集めます。
    ※個人差や水の硬度の関係がありますが10往復程こすりつけると150ml程の泡が出来上がります。朝の洗顔には十分な泡量です。皮脂が過剰な時は泡が消えやすくなりお肌にやさしい洗顔ができなくなりますので、泡の量を増やすことをおすすめします。
  3. お肌をこすらないように泡でやさしく洗います。小鼻やホウレイ線、あごは入念に泡を転がし、顔全体を30秒以内で洗い上げるようおすすめします。
    ※しっかりした泡が作られていれば石鹸液が目に入りづらくなります。
  4. すすぎはぬるま湯で十分に流してください。清潔なタオルでこすらず押さえるように水分を取ってください。シャワーを直接お顔にかけてのすすぎはおすすすめしません。

石鹸は弱アルカリ性の界面活性剤です。 朝の洗顔では、お肌の状態に合わせて石鹸を使用しないぬるま湯だけの洗顔も上手く取り入れることをおすすめいたします。

*パッチテスト済(すべての人に刺激が起きないとは限りません)

使用上のご注意

●お肌に異常が生じていないかよく注意してご使用ください。化粧品がお肌に合わないとき即ち次のような場合には、使用を中止してください。そのまま化粧品類の使用を続けますと、症状を悪化させることがありますので皮膚専門家医等にご相談されることをおすすめします。

・使用中、赤味、はれ、かゆみ、刺激、色抜け(白斑等)や黒ずみ等の異常が表れた場合
・使用したお肌に、直射日光があたって上記のような異常があらわれた場合

●目に入ったときは、直ちに洗い流してください。

保管及び取扱い上の注意

使用後は石鹸の泡と水をよく切り、高温多湿や直射日光を避けて保管をしてください。 水を抱える成分をたっぷり配合しています。高温多湿や水切りが不十分な状態での保管は、せっかくの保水成分が流れ出てしまい石鹸が溶けやすくなります。できるだけ乾燥させて保管してください。

購入後すぐ使用しない場合は、冷暗所に保管してください。

乳幼児やペットの手の届かないところに保管してください。

自然由来成分を使用しているため稀に変化が生じることがございます。変色、白濁、白く粉がふいたりする場合がありますが品質には問題ありません。

本石鹸は香料を添加していません。石鹸は釜炊きですが、オイル等は非加熱で添加しています。オイルや原料そのものの匂いがします。保管状態により、匂いが強くなる場合がありますので保管方法には十分ご注意ください。

上部へ戻る